YASUHARU TANAKA OFFICIAL BLOG
カレンダー CALENDER
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
プロフィール PROFILE
カテゴリー CATEFORIES
リンク LINKS
ブログ内検索 SEARCH
フィード FEED
モブログ(ケータイ用ブログ) MOBILE BLOGモブログ(ケータイ用ブログ)

TDC CLASSIC LEAD 005 弾き込んでます

今日はSABERのリハ。
最近は作曲期間なのでリハ数は少な目。

先日から使わせてもらっているTDCのCLASSIC LEAD 005。
リハで使い込んでいくうちに、更に音抜けの良さを体感してる。
やはりミッドレンジを削る感じが、ミュートして刻んだリフに最適。
ミッド&ローミッドがエグい感じに引き締まって、私的にはGOODです。

特注のボードも届いて、後少しだけ納品待ちの機材が揃えば、やっとボードシステムを組み始めれる。
と言っても、基本的な歪みサウンドは"TDC CLASSIC LEAD 005"&"Marshall JVM410HJS"でほぼ完成形になっているけどね。
まだ、空間系エフェクト周りをどうしようかと悩み中…。

TDC CLASSIC LEAD 005

Category:機材紹介 | 田中 "Machine" 康治 | 02:29 | comments(2) | trackbacks(0) |

TDCのWEBサイトにコメント掲載

この度、TDCのハンドメイド・オーバードライブ"005 CLASSIC LEAD"を使う事になり、TDC社のホームページに私のコメントが掲載されました。
良かったら見て下さいませ。

自分は先日のライブから、長年使用して来たプリアンプ+パワーアンプというラックシステムをやめ、Marshallアンプヘッド+オーバードライブという、いわゆる定番システムに移行した。
その新システムで使用するオーバードライブに、TDCの"005 CLASSIC LEAD"を導入決定。
まだ、新しい特注エフェクトボードが届いていない為、ボードシステムが完成しておらず写真はお見せできないけど…。

このTDC "005 CLASSIC LEAD"は、既にプロミュージシャンの間では密かに話題になっており、そのうちブレイクするのでないかな〜。
価格はオーバードライブ/ブースターとしては高価な部類だけど、それに見合うだけの仕様。
ハンドメイド、そして希少パーツ使用という事でなかなか手に入らないかもね。

■ハンドメイド・エフェクター TDC by STUDIO YOU ホームページ
http://www.tdc-effector.com/

※005 CLASSIC LEADの詳細は、TDCホームページ内「TDC資料ダウンロード」に、PDFカタログと雑誌掲載情報がありますよ。

TDC/005 CLASSIC LEAD

Category:機材紹介 | 田中 "Machine" 康治 | 20:04 | comments(4) | trackbacks(0) |

最近の機材等々…

もうすぐショートツアー!
今回のライブに合わせて、ずっと使って来た機材システムを一新。
まだ100%完成形ではないけど、主要なサウンド構成は決まった、つもり。

でも、肝心の特注のデカイエフェクターボードがまだ届いていないので、今回の配線関係は所持してるCAJの自作パッチケーブルで。
特注ボードが来たら全てパッチを組み直す予定。
ツアー帰って来てからになるけどね。

写真には無いけど、EventideのPitchFactorもあるので、こちらもスイッチングシステムに組み込む予定。
あと、ワウも組み込むかなと思ってるけど、あまり使わんかな…。
VAI2改造のワウとIbaneseのワウ、どちらもいつか使おうと思っていて、結局は自宅の棚で眠ってる。
でも最近はCAJのワウが気になってる今日この頃。
あとはコンプとか…。
これらは今回のツアーでは使用しないので、今回はオアズケ。

今迄ラックオンリーで20年間やって来たけど、やはりコンパクトエフクター系は使うのもだけど、組み合わせをあーだこーだしたり、試行錯誤するのが楽しい。

アンプヘッドからスピーカーキャビネット、エフェクト類、弦…。
ほとんどが今迄と変わってるので、ライブサウンドはどうなるか…。

最近の機材等々…

最近の機材等々…

最近の機材等々…

Category:機材紹介 | 田中 "Machine" 康治 | 03:26 | comments(2) | trackbacks(0) |

サウンドチェック

今日はsuiteのToshiyaを誘って、スタジオタイラーにて新導入のJVM410HJSとその他諸々エフェクター類やケーブル類のサウンドチェックをしてたよ。

まだまだJVM410HJSとキャビは弾き込んでいないので固いけど、徐々に馴染みつつあるかな。

Tosiyaのドライブ系コンパクトを数台借りてJVM410HJSとの組み合わせを試したけど、”GOOD!”なサウンドになるものと、”イマイチ合わんな…”って言うものと、見事に分かれて面白かった。その他、ワウやモジュレーション系エフェクターもいくつか聴き比べ。

あと、電源ケーブルも所持しているものと先日自作したもの、数種類をJVM410HJSに差し替えて聴き比べ。ブランドイメージとは逆のサウンドになったので、こちらも少々驚きの結果で興味深い。まぁ、もっと高価な電源ケーブルなんかと比較すると、良くも悪くももっと違いがあるんだろうけどね…。

それと、Toshiyaの所持しているENGLのヘッドアンプ"Savage 120"も鳴らしたけど、いい音!メッチャ"ドイツ"な音してました。直結で十分なゲイン&ロー。

新システム用にいくつか機材を発注済なので、その辺のものが来たらまたネタで書きますね。

20130405 サウンドチェック

20130405 サウンドチェック

Category:機材紹介 | 田中 "Machine" 康治 | 02:45 | comments(5) | trackbacks(0) |

新機材のマーシャルアンプを初鳴らし

ツアーファイナル以来の久々の投稿…。
日々の雑務にかまけて放置してました^^;

最近、新機材を導入しまして、本日はその初鳴らしでスタジオタイラーに行ってました。
マーシャルの新型機!
今回はキャビネットも新調。

他にも修理上がりのエフェクター等の確認もしてたので、そんなにじっくりは鳴らせなかったけど、アンプの方は特に問題箇所も無く、爆音で鳴ってました。

アンプヘッドもキャビネットも新品なので、音がこなれる迄は相当弾き込まないとならないかな。
いい感じでこなれてくれるとい良いけど…。

自分はもうかれこれ10年以上はラック式のプリアンプ&パワーアンプの組み合わせだったので、ヘッドアンプを導入するのは超久々です。
以前は、Peavey 5150やHughes & Kettner Triampなんかも所持していた事があったけど、結局は手放してしまった。

新アンプを中心にエフェクトシステムも組み替える予定だけど、一気にはできなさそうなので徐々にかな。

20130323 Marshall JVM 初鳴らし

Category:機材紹介 | 田中 "Machine" 康治 | 01:20 | comments(9) | trackbacks(0) |

フロイドローズのアーム交換

フロイドローズのアームだけど、自分は結構アームを使う頻度が多いので、アームとソケットの間が摩耗してゆるくなってきます。
私の場合、アームを完全に固定するのではなく、割とだらんとさせているので、付け根が摩耗してゆるくなると、カタカタ鳴って気持ち悪いんですよね。
なので、定期的にソケット毎交換します。
しばらく交換していなかったので、今回はメイン2本分、サブ2本分、計4本を導入。
メーカーにお願いしてソケットとアームがきつめの組み合わせを4セット分チョイスしてもらいました。

フロイドローズの駒(弦を止めるパーツ)も結構な頻度で壊れるし、駒の中のブロックなんて頻繁にヒビ入るし。
フロイド周りは不経済です。

アーム4本新品導入

Category:機材紹介 | 田中 "Machine" 康治 | 15:55 | comments(1) | trackbacks(0) |

オーバーホールから戻ってきた志田工房ギター

昨日、オーバーホールに出していた志田工房ギター3本が帰ってきた。今回は3本同時に、しかもじっくり時間をかけてメンテしてもらったので、その甲斐あってとてもGOODな状態になって戻ってきた。

志田工房のギターはネックまでハンドメイドであるので、当然一本一本で微妙に仕上がりは異なる。制作した時期も違うし、経過年数も異なるし、そもそも木だし…。当たり前であるが3本共全く同じものではない。でも、今回は3本共私好みの状態にまでチューンしてもらった。

具体的にはネックのジェイプを見直し、3本共より好みに仕上げてもらった。今までも何回もネックのシェイプは削り直してもらっているが、今回は3本まとめて統一してもらった。もちろん、塗装もし直す為に時間もかかるものなのだが、いつも志田さんは快くやってくれるので有り難い。

次に、スライドスイッチ、ボリュームポット、ジャック、配線等を一式新品に交換。しかも今回は一部を除き、全てクライオ処理パーツで組み上げてもらった。私は以前からケーブルなど自作する際には、ハンダはKester44を使用する等していたのだが、私の好みを考慮して志田さんの方でクライオ処理パーツ組んでくれた。音の方はしばらくスタジオのデカイ音で弾き込んでみないとコメントできないので、そのうちコメント出来たらします。

後は、弦のゲージを変えたので、それに伴いフロイドのナット部分の微調整や、高さ調整、フレットのすり合わせ等々、出来る限りのチューンをしてもらった。志田さんは、使っている弦のタイプや、弦の太さに合わせて各々のパーツ類まで微調整してくれる。こういう細かいことの積み重ねが、最終的な出音に表れるんだよね。

という事で、志田工房製ギター3本が最高の状態で戻ってきた。特に普段メインで使っている1号機と2号機は相当チューンしてくれたので非常に良い感じ。因みにこれらのギター名は“イフリート”って言うんだけど、これは私が勝手に付けたネーミングです。イフリート No.1、イフリート No.2、イフリート No.3です。No.1は全弦一音下げチューニング、No.2は全弦一音下げ+6弦ドロップCチューニング、No.3はハードテイル仕様です。

そろそろNo.4が欲しい様な気が…。

志田工房オーバーホール

Category:機材紹介 | 田中 "Machine" 康治 | 03:57 | comments(2) | trackbacks(0) |

志田工房ギターのオーバーホール+α

本日ようやく、志田工房にギター3本をメンテナンスに送り出した。
もうかれこれ長い間、先延ばしになっていた…。

1号機、2号機は普段SABER TIGERで使用しているギターで、3号機はハードテイル。
今回はオーバーホールで出すので、スイッチやジャック等は交換になるパーツもあると思う。
また、ネックのシェイプ微調整をしてもらう事になっているので、ネック自体を削り、再塗装になるので、今回は長期間の里帰りになる予定。

1号機は期間的にも頻度的にも、かなり弾き込んでいるので相当疲れた状態になっている。
しっかりリフレッシュして戻って来てくれる事を楽しみに待とう。

志田工房メンテナンス

Category:機材紹介 | 田中 "Machine" 康治 | 02:50 | comments(2) | trackbacks(0) |

Lehle/P-Split

先日入手した新しい小物。
単にギター信号を2つに分けるスプリッター。
パッシブなのもいいし、色が良さげ。
性能的にはかなり良さそうな感じなので、スタジオで試して音が問題無ければステージ使おう。

Lehle P-Split

Category:機材紹介 | 田中 "Machine" 康治 | 09:26 | comments(0) | trackbacks(0) |

MacBookからiPadへ乗り換え

以前より導入の機会を伺っていたiPadだけど、先日遂に導入。
もっと早くに欲しかったんだけどね〜、MacBookあったし…。
普段の外出用にしていたMacBookは、もう大して使う用途無くなって来ていたので手放し、早々にiPadに乗り換えデス。

iPhoneも3Gを所持してるけど、3Gだけにいい加減遅いのと、画面小さ過ぎて目の悪い私にはかなり酷な状態。
iPhone 4にすればって言われるけど、まだ2年縛りが残っていたので、意地でも2年間使こーたる!と思ってね^^;

iPadは私的にはかなり良いツールですね。

iPad導入

Category:機材紹介 | 田中 "Machine" 康治 | 16:28 | comments(0) | trackbacks(0) |