YASUHARU TANAKA OFFICIAL BLOG
カレンダー CALENDER
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
プロフィール PROFILE
カテゴリー CATEFORIES
リンク LINKS
ブログ内検索 SEARCH
フィード FEED
モブログ(ケータイ用ブログ) MOBILE BLOGモブログ(ケータイ用ブログ)

東欧ツアーに向けて最終の機材チェックとサウンドメイキング

本日はスタジオにて、いよいよ来週からスタートする東欧ツアー用の機材チェックとサウンドメイキングをしてきたよ。
海外ライブでは、機材をどうするか、何を持っていくか、でいつも悩む。

 

昨年のオランダの際は、iPad Pro+BAIS FX+SONIC PORT VX+iRig BlueBoard、というギター本体以外の機材は超が付くほど最小限システムなので荷物は少なくて楽だった。
けどね、iPadのミニマムシステムは、ツアー向けのハードな仕様ではないので、ツアー中に壊れる可能性が高い。


現に、国内で何度か持ち歩いて使ってるけど、SONIC PORT VXのコネクタが壊れた事もある。
SONIC PORT VXのケーブルはライブ向けの丈夫なものではなく、ちょっと引っ張たら千切れる細めのものだ。

 

当初はこの超ミニマムシステムで、予備にSONIC PORT VX本体とケーブルをもうひとセット持って行こうかなとも思ったけど、正直そこまでするならある程度荷物になっても、機材が壊れるリスクが最小限になるシステムにしようと思った。

ツアー中の機材は、移動、ケースからの出し入れ、プラグの抜き差し等を連日行うのだから、当然そういったハードな使用環境に耐えうる性能が必須だと思う。
そもそも、壊れない様に恐る恐る使うってのも、自分の性格的にはツアーに集中できないし。

 

しかも、iPadのBAISでは、自分のシミュレートしたいMarshallのJMP-1のサウンドが入っていない!
他のアンプをがっつり弄って何とか近めのサウンドにはしているけど、言ってしまえば似せてるだけで似て非なるもの。

 

という事で、今回は頑張ってFractal Audio SystemsのAX8を持って行きます。
これさえあれば、普段SABER TIGERで使っているAXE-FX IIとほぼ同じ音出せるので、サウンド面でやり辛さを感じる事はない。

 

ただね、問題はパワーアンプだよ。
はっきり言ってしまうと、使うパワーアンプによって作り込んだサウンドが大きく変わってしまう。
もちろんスピーカーキャビネットもだけど、さすがにこればかりは現地のものを借りるしかないので…。

 

という事で、本日は持って行くパワーアンプの最終決定をしにスタジオへ…。
といっても、選択肢は二つしかないけど。

 

iSP STEALTH PRO Power Amplifier
Seymour Duncan Power Stage 700

 

共に以前から導入してはいたけど、ライブではまだSTEALTH PROしか使ってない。

サイズ・重量では断然STEALTH PRO、音質では断然Power Stage 700だけど。

Power Stage 700なら普段使っているMATRIX GT1000FXと比べても、音色が大差なくて良いけどね。

 

それにしてもSTEALTH PROに電源スイッチが付いていないいないってのは、いくらコンパクト化を優先するにしても省き過ぎな様な気がするけど。

結局、みんな自分でスイッチ追加するんだから、多少大きくなっても最初から付けて欲しいと思う、のは私だけかな…。

あと、ACアダプターも本体内蔵して欲しいよ、大きくなっていいので。

 

久々に長い文章書いたなー。

同じ様な境遇で悩んでいる人に役立つ情報であれば嬉しいけど…。

 

海外ツアー用サウンドメイキング

 

海外ツアー用サウンドメイキング

 

海外ツアー用サウンドメイキング

Category:機材紹介 | 田中 "Machine" 康治 | 00:38 | comments(1) | trackbacks(0) |

いよいよ今週末は島村楽器でのギターセミナーです!

明後日3/10(土)は島村楽器札幌パルコ店6階スタジオにて、DAWとアンプシミュレーターを使用したギターサウンドメイキング&レコーディングのセミナーやりますよ。
2、3名はまだ入れそうですのでご興味のある方は是非ご予約ください。
セミナーでは解説はもちろんですが、ご質問も受け付けますので、サウンドメイクやDTM、DAW、宅録に関する事など、答えれる範囲で色々とお話しします。
それ以外の事でもギターに関する事であればなんでも質問お受けします。
せっかくなので当日は使用しているアンプ機材一式とMacシステム一式も自前のものを持ち込みんで解説致します。
ギタリストでなくてもご興味ある方であれば大歓迎です。
お待ちしております。

ご予約はこちら
http://sapporo.shimablo.com/entry/2018/02/21/161207

お電話でもご予約できます
島村楽器 札幌パルコ店
担当:山本さん
TEL:011-214-2391

 

島村楽器札幌パルコ店にてサウンドメイキングセミナー開催!!

Category:機材紹介 | 田中 "Machine" 康治 | 19:02 | comments(0) | trackbacks(0) |

島村楽器札幌パルコ店にてサウンドメイキングセミナー開催!!

3月10日(土)、島村楽器札幌パルコ店にてMachineによるギターセミナーを開催!

 

セミナー内容はギターテクニックや奏法解説、ではなく…、私のギターサウンドメイキングに関する事をメインに、DTM・DAWにおけるギター録音や打ち込み、作曲ノウハウに至るまで幅広くご紹介します。

 

エッジの効いたメタルギターサウンドメイキング、アンプシミュレータープラグインを用いた自宅レコーディング等、パソコン、オーディオインターフェース、DAWソフト等、市販のものを使った解説ですのできっと役に立ちますよ。

 

メタルなギタリストは勿論、メタルでない人も、ギタリストで無い人でも、どなたでも参加OKです!
パソコンを使った作曲やギター録音、デモソング制作等に興味のある方、是非ご参加お待ちしております。

 

島村楽器さんの方で告知開始したら既に数名のご予約をいただいているとの事です。
定員15名ですのでご予約はお早めに!

 

詳細情報・ご予約はこちら
http://sapporo.shimablo.com/entry/2018/02/21/161207

 

島村楽器札幌パルコ店にてサウンドメイキングセミナー開催!!

Category:機材紹介 | 田中 "Machine" 康治 | 00:50 | comments(0) | trackbacks(0) |

機材紹介ページにNEWギターをアップしました!

機材紹介ページにコンバットギター追加!
NEWギター2本の写真と仕様を掲載しましたよ!
http://yasuharutanaka.com/html/guitars&amps.html

Category:機材紹介 | 田中 "Machine" 康治 | 23:35 | comments(0) | trackbacks(0) |

ひとりでスタジオへ…

今日はひとりでスタジオソリッドに。
今はSABERが休み中なのでスタジオ入るの久々。
とりあえずは機材チェックとかNewギターの音出しとか。

3/27 STUDIO SOLID 個人リハ

Category:機材紹介 | 田中 "Machine" 康治 | 02:17 | comments(2) | trackbacks(0) |

NEW GUITAR - COMBAT GUITARS

新しいギターが完成!
この度、COMBAT GUITARSさんからエンドース頂く事になりました。
LEDポジションマークから材まで、私の要望を快く受け入れてくれて大変感謝です!

で、今年からV弾きます。
人前でギターをまともに弾く様になってから今現在まで、ステージではストラトしか弾いて来なかったけど、10代の頃はランダムスターもエクスプローラーも持ってたんだよ。
安ものだけどね。

なので、いつかは変形も…と思ってたけど、そうこうしているうちに25年もストラトばかり弾き続けてた。
次回ステージからV使います。

もっと歳をとったらレスポール黒カスタムを弾きたいな。
まだ早いな…。

【COMBAT GUITARS/YASUHARU TANAKA CUSTOM MODEL 仕様】
■スケール:684mm
■ネックジョイント:スルーネック
■ボディ:ホワイトアッシュ&ウエンジ
■ネック材:ウエンジ
■ポジションマーク:ブルーLED
■指板:メイプル
■トライバルデザイン:SARVAORB

COMBAT GUITARS V

COMBAT GUITARS V

Category:機材紹介 | 田中 "Machine" 康治 | 23:50 | comments(8) | trackbacks(0) |

ギター・マガジン2014年4月号にNewギター掲載

ギター・マガジン2014年4月号の「カスタムオーダー・ギターのススメ」というコーナーで、各カスタムギターブランドが紹介されています。
その中のCombat GuitarsページでNewギターが紹介されいますョ。

ギター・マガジン公式サイト
http://www.rittor-music.co.jp/magazine/gm/

4910029330445-thumb350x.jpg

Category:機材紹介 | 田中 "Machine" 康治 | 13:53 | comments(2) | trackbacks(0) |

新機材は楽しい、けど悩む

先日のプロジェクトバンドでも新機材を使った。
どんどん組み上がってきて楽しいんだけど、でも鳴らせば鳴らす程、セッティングの着地点が分からなくなってくる。
長い事、ラックシステムに慣れ親しんでしまっている為か、マーシャルのヘッドアンプをうまく生かせていないんだなぁ。
組めば組むほどに悩みも増えてくる感じ。
この調子だとしばらくは試行錯誤の繰り返しかな。

ラックやめたら機材シンプルになるかなって思ってたけど、逆。
ボードだけど約20kgあるよ…。
VHTのパワーアンプも2Uなのに重くて辛かったけど、エフェクトボードも負けてない。

Category:機材紹介 | 田中 "Machine" 康治 | 11:50 | comments(0) | trackbacks(0) |

まだ完成ではないが…

ずっと前から構築に取り組んでいるエフェクターボードシステム。

特注ボードが届いたので一通り組んでみたけど、現状でまだボード用ケーブル&プラグが届いていないのと、一部エフェクターのシステム不具合なんかもあって、未完成状態が続いてます。
まぁ、現状でversion0.9といった所。

ワウもとりあえず以前のIbanez ED7を引っ張り出して来て組み込んでみてますが、やはりトゥルーバイパス仕様のワウが欲しい。

あと、TDC/005 CLASSIC LEADは2台組み込み予定。
なのでもう1台用のスペースを空けてる。
もう1台も既に届いているんだけど、ケーブルとプラグが届いてなくってまだ組み込んでないんだ。

この2台は、チューニング違いのギターの音色差を無くす為に使うつもり。
005は内臓イコライザーの効きが非常に良いので、下手にコンパクトのイコライザーを繋げて音質下げるより、005を2台をスイッチングシステムに組み込んで、ギターチャンジ毎にループを使い分ければ音質の心配も無いし。

割と大きめのエフェクターもあるのでボード自体が結構重い…。
ラックからコンパクトにすると機材減ると思ったが、なんだかんだ必要なものを組み込んでいくと、結局は大差無い機材量になる。
いや、ラックの方が少ないかな…。

エフェクターボード v0.9

Category:機材紹介 | 田中 "Machine" 康治 | 12:51 | comments(1) | trackbacks(0) |

ESP/トレモロ・トーン・スプリングに交換

Kuhl/Efreet No.1とNo.2、2台ともフロイドローズの純正プリングを、試しに"ESP/TREMOLO TONE SPRINGS"に交換。
一昨日の下山&田中Projectバンドのリハ、昨日のSABER TIGERのリハで弾いてみた。

このスプリング、Type-1とType-2の2種類あって、Type-2はType-1に比べ「線径とスプリング外径を太くする事で、しなやかさを保ちつつ、ハイミッドの音域強化を実現。」との事。
Kuhl/Efreet No.1とNo.2とではボディ材、そしてチューニングも異なる為、その辺の音色の違いを近付ける為にもあえて、Efreet No.1にType-1を、Efreet No.2にType-2をセッティングしてみた。

メーカーの説明によると「純正スプリングよりトレモロ・トーン・スプリングは、現状とほぼ同じか、むしろやわらかく感じるはずです。」と書いてあるが、実際にセッティングしてみると、純正スプリングの時に3本張っていたのに対し、トレモロ・トーン・スプリングType-1の5本張りで丁度良いか、若干弱い位。

ただ、Type-2はType-1より線径も外径も太い為か張力は強く、純正3本に対し5本では張りが強過ぎるかも知れない。
張り替えた後、バネ固定ネジは相当緩めてやっとバランス取れた感じ。
もっともっと弾き込んでみないと弾き心地は分からないけど、Type-2は4本が丁度良いかも。
とりあえず5本張ってみたけど、やはり固い。
ただでさえ最近は弦のゲージを.011〜.056と一回り太くしたので、ちょっと弾くのがヘヴィかな、手も指も痛い。
まぁ、その為に筋トレしてるんだからどんどんへヴィ仕様を追求するけどね。

で、肝心のサウンドの方はもの凄く変わった。
劇的に変わり、正直、こんなに変わると思ってなかったのでビックリ。
当然、私は固くて張りのある音が好きなので、交換後の方が好み。

弦を一回り太くしたのとスプリングを変えただけでも、全く別物のギターと化した。
ただ、スプリングはType-1とType-2を混ぜて使う事もアリなので、ブレンドして心地よい張りと鳴りを追求してみるかな。

ESP TREMOLO TONE SPRINGS Type-1

ESP TREMOLO TONE SPRINGS Type-2

Category:機材紹介 | 田中 "Machine" 康治 | 09:23 | comments(5) | trackbacks(0) |