YASUHARU TANAKA OFFICIAL BLOG
カレンダー CALENDER
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
プロフィール PROFILE
カテゴリー CATEFORIES
リンク LINKS
ブログ内検索 SEARCH
フィード FEED
モブログ(ケータイ用ブログ) MOBILE BLOGモブログ(ケータイ用ブログ)

モバイル用ライブ機材 MeloAudio / TONE SHIFTER MEGA

モバイル用ライブ機材 MeloAudio / TONE SHIFTER MEGA

 

ライブ用のメイン機材ではないが、海外遠征やセッション、イベントライブ用にと準備しているモバイルアンプシステムを紹介しよう。
特にメインで頻繁に使っているわけではないので、わざわざ紹介しなくてもいいのかもしれないけど、自分の記録代わりにブログに書いてみようと思う。

 

以前のモバイルアンプシステムはこんな感じ。
◎ハードウェア:iPad Pro 9.7
◎オーディオ・インターフェース:Line 6 / Sonic Port VX
◎Bluetooth MIDIペダルボード:IK Multimedia / iRig BlueBoard
◎アンプシミュレーターiPadアプリ:Positive Grid / BIAS AMP
◎マルチエフェクターiPadアプリ:Positive Grid / BIAS FX

 

このモバイルシステムでセッションなんかのちょっとしたライブをこなしていた。
ただ、正直言って、このシステムはインターフェースにしろ、MIDIペダルボードにしろ、そもそもライブ用に設計されているものではなく、自宅やスタジオ等で手軽にマイアンプを鳴らせますよ、っていう用途なので、耐久性がなさ過ぎる。

 

Sonic Port VXはケーブル接続のコネクタがちゃっちいのですぐ壊れるし、壊れても修理でなく交換になるし。
自分は壊れて計3台買ってます…。
そんなに頻繁に使ってないけど、それなりな頻度で使ったら1年は持たないかな。

 

そもそもこういう室内用機材をライブ等に持ち運んで使って言うのには無理があると思う。
相当丁寧に取り扱っても、筐体もプラスチックだし。

 

モバイル用ライブ機材 MeloAudio / TONE SHIFTER MEGA

 

で、このシステム以外の機材で似たようなモバイルアンプシステムを組めないかというとしばらく物色していたんだ。
何種類かは発売されている。
IK MultimediaのiRig系インターフェース等もあり、こちらも何種類か持ってるけど、正直サウンド的にはSonic Port VXの方が全然良いのでiRigは全く使ってない。
iRigはツアー中のホテル内での練習用に使ってた事はあるけど。

 

あ、そうそう、Sonic Port VXの下位機種に無印のSonic Portというのがあるんだ。
こちらは使用しながらのiPad(iPhone)充電が出来ないタイプ。
iPadやiPhoneのバッテリーは持つから、充電出来なくてもいいから無印でいいかな、と思ってる人もいるかもしれないけど、無印とVXは比べると出力レベルが全く違うので注意。
VXは恐らくラインレベルで出力されているけど、無印のレベルはVXよりかなり低い。
なのでこちらも持ってるけど眠ったままだよw

 

で、2019年に入り、目新しい機材が登場してきた。
元々iOS系のインターフェース、MIDIコントローラー系の機材はリリースしていたメーカーだけど、今回のTONE SHIFTER MEGAは完成度がなかなか良いと思う。
早速導入し、テストを繰り返し、先日の海外遠征でも使用してきた。

 

TONE SHIFTER MEGAは見ての通り、筐体も金属でしっかりとしたスイッチが付いているのでライブや持ち運びでもでも安心。
また、そもそもインターフェースとコントローラーが統合されているという時点で、この製品の開発者はわかってるなぁ、という感じ。
エクスプレッションも2系統、出力もステレオアウト可能、スイッチのマッピングもかなり自由度が高く、BIAS FXも自分の使いたいセッティングにドンピシャでスイッチセッティングができたのは感無量。

かゆいところに手が届きまくった素晴らしい製品だね。

iPad本体も載せるし、システム全体が以前の様にケーブルでごちゃごちゃしないのも良い。
以前は、インターフェース、iPad、スイッチ、それを繋ぐケーブル類と、とにかく煩雑だったからね。
今回のはシンプルで取り回しも良い。

 

そして何より、IO系の音質がSonic Port VXとは比べ物にならない位に良い。
まずは音が太い、Sonic Port VXの出力はか細い音だったからね…。
まぁ、それでも他のインターフェースよりは良かったけど。

 

という事で、しばらくはこのTONE SHIFTER MEGAをモバイルアンプシステムとして使っていくよ。
ネットで情報調べても、日本人ではまだこれを導入してバリバリつかってるミュージシャンは少なそうだね。
この記事をみて使う人が増えるといいんでないかな。
そしたら、このメーカーでもっと良い機材を作ってくれると思うよw

 

ただ、自分はBIAS AMPで自分の出したいアンプ音色が出せないのでメインでは使わないです。
メイン機材はあくまでFractal Audio Systems / Axe-Fx IIです。
BIAS AMPやBIAS FXもソフトウェアの内部的な音質自体大変すばらしいんだけど、スイッチングのバリエーションを考えると、自分のライブセッティングにもまだちょっと無理かな。
そもそもMarshall / JMP-1プリアンプのシミュレーションを入れて欲しいよ。
結構需要あると思うんだけどね〜。

 

モバイル用ライブ機材 MeloAudio / TONE SHIFTER MEGA

 

現在のモバイルアンプシステム
◎ハードウェア:iPad mini 5
◎オーディオ・インターフェース:MeloAudio / TONE SHIFTER MEGA
◎Bluetooth MIDIペダルボード:MeloAudio / TONE SHIFTER MEGA
◎アンプシミュレーターiPadアプリ:Positive Grid / BIAS AMP 2
◎マルチエフェクターiPadアプリ:Positive Grid / BIAS FX

 

あ、そうそう、TONE SHIFTER MEGA本体の上に、現行iPad Air 10.5インチは大き過ぎて乗らないから注意してね。

自分のiPad Air 10.5載せようと思ったらはみ出たw

iPad mini 5で使うからいいんだけど。

TONE SHIFTER MEGAのリリース時点でiPad Pro 10.5は出回っていたんだから、このサイズにも対応して欲しかったけどね。

iPad Pro 11インチはギリ乗るみたいだけど。

 

それと、古いiOS機種iPhone 6 Plusでも問題なく動作したよ。
なので、少し古いiOS機でも問題なく使えると思うのでご安心を。

Category:機材紹介 | 田中 "Machine" 康治 | 02:35 | comments(2) | trackbacks(0) |

コンバットのNEWギター!!

今ツアーから使います。
サウンド、弾きやすさ、他、全てにおいて完成度が高く素晴らしい!!
もちろんブルーLED仕様。
詳細な仕様は後日、自身の機材紹介ページに掲載しますね。

 

コンバットNEWギター2019

 

コンバットNEWギター2019

 

コンバットNEWギター2019

 

コンバットNEWギター2019

 

コンバットNEWギター2019

Category:機材紹介 | 田中 "Machine" 康治 | 22:40 | comments(0) | trackbacks(0) |

新形状のボディ&ヘッドでNEWギター製作中!

先日、新ギターの製作立会いでコンバットギター本社に行ってきたよ。
ネックシェイプの最終確認と微調整ね。
その場で削ってもらいながら微調整して最終決定するんだ。

 

今回製作してもらってるギターのヘッドは、新形状のオリジナルシェイプで、ペグ部分が他より一段落とし込んでいるスランティングヘッド(初の形状なのでその場で命名されました…)になってます。

コンバットさんのベースではオルタネイトヘッドといって、段差がついたヘッドが既に作られてるけど、これをギターにも応用してもらったモデルですね。
まぁ、あくまで見た目的要素がほとんどですが…。

 

段差の境目にはインレイが施されてGOOD!
もちろん既存モデル同様、ポジションマークはブルーLED仕様。

まだ加工段階ではないけど、ボディ形状は今使っているタイプMSよりも尖った細身のシェイプになる予定。


完成はもう少し先になりそう。
楽しみ。

 

新形状ボディ&ヘッドでNEWギター営製作中!

Category:機材紹介 | 田中 "Machine" 康治 | 19:32 | comments(0) | trackbacks(0) |

東欧ツアーに向けて最終の機材チェックとサウンドメイキング

本日はスタジオにて、いよいよ来週からスタートする東欧ツアー用の機材チェックとサウンドメイキングをしてきたよ。
海外ライブでは、機材をどうするか、何を持っていくか、でいつも悩む。

 

昨年のオランダの際は、iPad Pro+BAIS FX+SONIC PORT VX+iRig BlueBoard、というギター本体以外の機材は超が付くほど最小限システムなので荷物は少なくて楽だった。
けどね、iPadのミニマムシステムは、ツアー向けのハードな仕様ではないので、ツアー中に壊れる可能性が高い。


現に、国内で何度か持ち歩いて使ってるけど、SONIC PORT VXのコネクタが壊れた事もある。
SONIC PORT VXのケーブルはライブ向けの丈夫なものではなく、ちょっと引っ張たら千切れる細めのものだ。

 

当初はこの超ミニマムシステムで、予備にSONIC PORT VX本体とケーブルをもうひとセット持って行こうかなとも思ったけど、正直そこまでするならある程度荷物になっても、機材が壊れるリスクが最小限になるシステムにしようと思った。

ツアー中の機材は、移動、ケースからの出し入れ、プラグの抜き差し等を連日行うのだから、当然そういったハードな使用環境に耐えうる性能が必須だと思う。
そもそも、壊れない様に恐る恐る使うってのも、自分の性格的にはツアーに集中できないし。

 

しかも、iPadのBAISでは、自分のシミュレートしたいMarshallのJMP-1のサウンドが入っていない!
他のアンプをがっつり弄って何とか近めのサウンドにはしているけど、言ってしまえば似せてるだけで似て非なるもの。

 

という事で、今回は頑張ってFractal Audio SystemsのAX8を持って行きます。
これさえあれば、普段SABER TIGERで使っているAXE-FX IIとほぼ同じ音出せるので、サウンド面でやり辛さを感じる事はない。

 

ただね、問題はパワーアンプだよ。
はっきり言ってしまうと、使うパワーアンプによって作り込んだサウンドが大きく変わってしまう。
もちろんスピーカーキャビネットもだけど、さすがにこればかりは現地のものを借りるしかないので…。

 

という事で、本日は持って行くパワーアンプの最終決定をしにスタジオへ…。
といっても、選択肢は二つしかないけど。

 

iSP STEALTH PRO Power Amplifier
Seymour Duncan Power Stage 700

 

共に以前から導入してはいたけど、ライブではまだSTEALTH PROしか使ってない。

サイズ・重量では断然STEALTH PRO、音質では断然Power Stage 700だけど。

Power Stage 700なら普段使っているMATRIX GT1000FXと比べても、音色が大差なくて良いけどね。

 

それにしてもSTEALTH PROに電源スイッチが付いていないいないってのは、いくらコンパクト化を優先するにしても省き過ぎな様な気がするけど。

結局、みんな自分でスイッチ追加するんだから、多少大きくなっても最初から付けて欲しいと思う、のは私だけかな…。

あと、ACアダプターも本体内蔵して欲しいよ、大きくなっていいので。

 

久々に長い文章書いたなー。

同じ様な境遇で悩んでいる人に役立つ情報であれば嬉しいけど…。

 

海外ツアー用サウンドメイキング

 

海外ツアー用サウンドメイキング

 

海外ツアー用サウンドメイキング

Category:機材紹介 | 田中 "Machine" 康治 | 00:38 | comments(1) | trackbacks(0) |

いよいよ今週末は島村楽器でのギターセミナーです!

明後日3/10(土)は島村楽器札幌パルコ店6階スタジオにて、DAWとアンプシミュレーターを使用したギターサウンドメイキング&レコーディングのセミナーやりますよ。
2、3名はまだ入れそうですのでご興味のある方は是非ご予約ください。
セミナーでは解説はもちろんですが、ご質問も受け付けますので、サウンドメイクやDTM、DAW、宅録に関する事など、答えれる範囲で色々とお話しします。
それ以外の事でもギターに関する事であればなんでも質問お受けします。
せっかくなので当日は使用しているアンプ機材一式とMacシステム一式も自前のものを持ち込みんで解説致します。
ギタリストでなくてもご興味ある方であれば大歓迎です。
お待ちしております。

ご予約はこちら
http://sapporo.shimablo.com/entry/2018/02/21/161207

お電話でもご予約できます
島村楽器 札幌パルコ店
担当:山本さん
TEL:011-214-2391

 

島村楽器札幌パルコ店にてサウンドメイキングセミナー開催!!

Category:機材紹介 | 田中 "Machine" 康治 | 19:02 | comments(0) | trackbacks(0) |

島村楽器札幌パルコ店にてサウンドメイキングセミナー開催!!

3月10日(土)、島村楽器札幌パルコ店にてMachineによるギターセミナーを開催!

 

セミナー内容はギターテクニックや奏法解説、ではなく…、私のギターサウンドメイキングに関する事をメインに、DTM・DAWにおけるギター録音や打ち込み、作曲ノウハウに至るまで幅広くご紹介します。

 

エッジの効いたメタルギターサウンドメイキング、アンプシミュレータープラグインを用いた自宅レコーディング等、パソコン、オーディオインターフェース、DAWソフト等、市販のものを使った解説ですのできっと役に立ちますよ。

 

メタルなギタリストは勿論、メタルでない人も、ギタリストで無い人でも、どなたでも参加OKです!
パソコンを使った作曲やギター録音、デモソング制作等に興味のある方、是非ご参加お待ちしております。

 

島村楽器さんの方で告知開始したら既に数名のご予約をいただいているとの事です。
定員15名ですのでご予約はお早めに!

 

詳細情報・ご予約はこちら
http://sapporo.shimablo.com/entry/2018/02/21/161207

 

島村楽器札幌パルコ店にてサウンドメイキングセミナー開催!!

Category:機材紹介 | 田中 "Machine" 康治 | 00:50 | comments(0) | trackbacks(0) |

機材紹介ページにNEWギターをアップしました!

機材紹介ページにコンバットギター追加!
NEWギター2本の写真と仕様を掲載しましたよ!
http://yasuharutanaka.com/html/guitars&amps.html

Category:機材紹介 | 田中 "Machine" 康治 | 23:35 | comments(0) | trackbacks(0) |

ひとりでスタジオへ…

今日はひとりでスタジオソリッドに。
今はSABERが休み中なのでスタジオ入るの久々。
とりあえずは機材チェックとかNewギターの音出しとか。

3/27 STUDIO SOLID 個人リハ

Category:機材紹介 | 田中 "Machine" 康治 | 02:17 | comments(2) | trackbacks(0) |

NEW GUITAR - COMBAT GUITARS

新しいギターが完成!
この度、COMBAT GUITARSさんからエンドース頂く事になりました。
LEDポジションマークから材まで、私の要望を快く受け入れてくれて大変感謝です!

で、今年からV弾きます。
人前でギターをまともに弾く様になってから今現在まで、ステージではストラトしか弾いて来なかったけど、10代の頃はランダムスターもエクスプローラーも持ってたんだよ。
安ものだけどね。

なので、いつかは変形も…と思ってたけど、そうこうしているうちに25年もストラトばかり弾き続けてた。
次回ステージからV使います。

もっと歳をとったらレスポール黒カスタムを弾きたいな。
まだ早いな…。

【COMBAT GUITARS/YASUHARU TANAKA CUSTOM MODEL 仕様】
■スケール:684mm
■ネックジョイント:スルーネック
■ボディ:ホワイトアッシュ&ウエンジ
■ネック材:ウエンジ
■ポジションマーク:ブルーLED
■指板:メイプル
■トライバルデザイン:SARVAORB

COMBAT GUITARS V

COMBAT GUITARS V

Category:機材紹介 | 田中 "Machine" 康治 | 23:50 | comments(8) | trackbacks(0) |

ギター・マガジン2014年4月号にNewギター掲載

ギター・マガジン2014年4月号の「カスタムオーダー・ギターのススメ」というコーナーで、各カスタムギターブランドが紹介されています。
その中のCombat GuitarsページでNewギターが紹介されいますョ。

ギター・マガジン公式サイト
http://www.rittor-music.co.jp/magazine/gm/

4910029330445-thumb350x.jpg

Category:機材紹介 | 田中 "Machine" 康治 | 13:53 | comments(2) | trackbacks(0) |